フィリピン在留邦人数実態調査結果


世間話からフィリピンに住んでる日本人の人口

フィリピン日本国大使館からのフィリピン在留邦人数実態調査結果

マニラ首都圏以外

 マニラ首都圏以外の都市では、サンタロサ市が約6.1%(約250人)で最も多く、次いでバコール市約5.9%(約240人)、アンティポロ市約4.8%(約190人)、オロンガポ市約4.4%(約180人)、アンヘレス市約4.3%(約170人)、イムス市約3.9%(約160人)、ダスマリニャス市約3.5%(約140人)、ビニャン市約3.3%(約130人)、カインタ市約2.6%(約100人)、バギオ市約2.5%(約100人)、の順となっています。

 なお、5年前は、マニラ首都圏以外の都市では、アンヘレス市約5.4%(約120人)、サンタロサ市約5.1%(約110人)、スービック市約4.6%(約100人)、バコール市約3.7%(約80人)、カインタ市約3.6%(約80人)、アンティポロ市約3.5%(約70人)、ビニャン市約3.3%(約70人)、ダスマリニャス市約2.8%(約60人)、イムス市約2.7%(約60人)、バギオ市約2.4%(約50人)、オロンガポ市約2.1%(約40人)、の順となっていました。

アンヘレスは、住まない方が良い。いろんな意味で危険だ。
日系企業が、経済区から撤退しただけの理由でない。

マニラ首都圏以外の都市
降昇 2010年1月発表 2009年   2004年  
2009年 2004年 都市名 人口比率 人口 人口比率 人口
1↑ 3 サンタロサ市 6.10% 250 5.10% 110
2↑ 4 バコール市 5.90% 240 3.70% 80
3↑ 6 アンティポロ市 4.80% 190 3.50% 70
4↓ 1 スービック・オロンガポ市 4.40% 180 6.70% 140
5↓ 2 アンヘレス市 4.30% 170 5.40% 120
6↑ 9 イムス市 3.90% 160 2.70% 60
7↑ 8 ダスマリニャス市 3.50% 140 2.80% 60
8↓ 7 ビニャン市 3.30% 130 3.30% 70
9↓ 5 カインタ市 2.60% 100 3.60% 80
10↑↓ 10 バギオ市 2.50% 100 2.40% 50
@   オロンガポ市のみ     2.10% 40

サンタローサが、郊外では、人気が1番に成りました

明朗会計、安全に大きな土地を購入しましょう。 ←売り土地の詳細連絡先
価格は、1,000,000ペソです。200万円としていますが、ペソ建てです。
円表示は、およその値段で、日本人に分かり易くしています。
弁護士の書類代1,000,000ペソの1%が相場です。
この場合は、10,000ペソです。プラス僕の見届け料10,000ペソです。
合計は、1,020,000ペソです。
尚直接交渉の方は、勿論僕の見届け料10,000ペソは、省かれます。
名義変更は、非常に簡単です。不動産屋を通す必要もないです。
ただし、日本人の名義になりません。法人、財団起こす方法も有りますが、
土地を騙され盗られる時は、そのフィリピン人との切れ目です。
売り手の希望は、弁護士は、トラブルが無い様にお客様で用意して貰います。
もし不安でしたら、僕の知り合いの弁護士も居ます。